本文へスキップ

九州発の矯正歯科研究会 Edegewise Society in Kyushu

写真や資料のご提供をお願いします。(分山)

ESK設立のきっかけ

1976年11月19〜25日に、アメリカの矯正歯科医 Hito Suyehiro 先生をお招きして北九州市小倉北区で開催された”エッジワイズ タイポドント コース” および、1979年6月上旬に九州歯科大学附属病院5階で開催された”ポストグラデュエイトコース”受講者が更なる研鑽を誓い、安永博を中心とする有志15名で九州における矯正歯科治療を研鑽する会として、ESK(Edgewise Society in Kyushu)を1980年に創設しました。

1976年 Edgewise Typodont Course (ESK設立前)
(写真を掲載予定、写真・資料のご提供をお願いします)

マルチブラケットに関する日本語の本が「ライトワイヤーテクニック」しかなく、”マルチバンド法”や”フルバンド法”と呼んでいた当時、日本でエッジワイズ法の講習会を開催されていた米国の日系人矯正専門医 Dr. Hito Suyehiro に九州でも講習会を開催していただこうという機運が盛り上がり、Suyehiro先生へご親戚の北九州市小倉北区熊谷の藤岡歯科医院、藤岡水城院長(九歯大卒)を通じて連絡していただき、九州で初のエッジワイズコースの講習会が、1976年11月19〜25日に、小倉北区片野の九州歯科医科器材梶i当時)の研修室で開催されました。毎日、終了直前にワイヤーベンディング等の課題が出され、翌朝に屈曲したワイヤーをチェックしていただくなど、結構ハードな講習会でしたが、充実した1週間でした。

実習指導中の Dr. Hito Suyehiro



コース終了後の懇親会時の写真です。左から、佐藤英彦現会長、安永博初代会長、Dr. Hito Suyehiro、右端が佐藤通泰九州歯科大学矯正学講座教授。


初回コースの終了証

1979年 Edgewise Typodont advanced Course (ESK設立前)

1979年6月3日~8日 九州歯科大学附属病院5階で、advanced courseが開催されました。


2回目のコース終了証


Dr. Hito Suyehiroが講習会時に書かれた、サイン


1980年 ESKを15名で設立  (写真や資料の提供をお願いします)

1980年*月*日 初代会長の安永博(北九州市八幡東区で開業)を中心としてESK(Edgewise Society in Kyushu)を設立し、各人が提出した資料をDr. Hito Suyehiroにより審査していただき、無事に15名全員合格して、ESKの活動を開始しました。


次へ


ESK矯正研究会

〒810-0004
福岡市中央区渡辺通5丁目14-10 3F
サトウ・ヤスナガ矯正歯科内

TEL 092-731-0649